死のネックレス

女子高生Aさんの友人であるBさんに起こった話―

ある日、Bさんは彼氏にプレゼントされたという青白い石のネックレスをAさんに見せてくれた。
それは何の石か分からないが、キラキラと輝いている。
Bさんはその後彼氏とは別れてしまったが、自分の好きだった彼がくれたものだからとネックレスを大切に身に着けていた。
そして何日かすると、Bさんが学校に来なくなった。
心配したAさんがお見舞いに行くとBさんは「なんだか金属アレルギーになっちゃったみたい」と語った。
見るとネックレスの周りは赤くかぶれていて、所々皮膚がはがれているところもある。
しかし、学校にはそのうちこれるだろうとAさんは思っていたが、
Bさんはそれから学校に来なくなってしまった。

それから一ヶ月ほどたったある日、Bさんから「うちに来てほしい」というメールがあり、
Aさんがお見舞いに向かうと、そこには変わり果てたBさんの姿があった。
ガリガリになった体、ほとんど抜け落ちてしまった髪、皮膚もどす黒く変色している。
驚いているAさんにBさんは「これを受け取って欲しいの……」と震える手であのネックレスを渡した。
「もう私はいらないから……」

そして、Bさんは3日後に死んだ。
ネックレスを託されたAさんはとても不吉な感じがしたので、知り合いのおじさんがやっている宝石店に
青白く光るネックレスを預けて調べてもらうことにした。
Aさんは翌日の朝におじさんからの電話で、おもいっきり怒られることになる。
「こんなものどこで手に入れたんだ!?この青白い石はウランの結晶だぞ!」

そう、Bさんは被爆して死んでしまったのだ。

解説

宝石と放射能は実は関係があります。
宝石に放射能を当てると、色が変わるものがあります。その放射能が残留して被害が出るというパターンの都市伝説もありますが、この作業では全くといっていいほど影響がないそうです。
クリソベリル・キャッツアイという違法に作られて、放射能を含んだ宝石が日本へ来たことがありますが、こういったものに対しても宝石流通関係者は放射能測定などを使うことで市場に出回ることを防いでいます。

また、この都市伝説を語ると必ず出てくる話がこれ。



ブラジル・ゴイアニアで起こった事件。
1987年9月に病院が取り壊されたときに、解体された機械から青くてキラキラする粉末が見つかった。
それを廃品回収業者が手に入れて、多くの近所の住人が「珍しい」「キラキラとしててキレイ」などと、手で触れたり
顔に塗った人もいた。
実はこの青い粉、医療用放射線源のセシウム137であり、4人死亡し、245人が被爆した。




これを機にブラジルでは、放射線の取り扱いに本腰を入れたといいます。

見たことないもの、体験したことないものに好奇心を抱くのは良いかもしれませんが、
中にはとんでもない結果が待ち受けていることもあるんですね。